【20年9月度】社会人1年目の新卒がセミリタイアを目的に購入した投資銘柄や投資戦略、ポートフォリオを大公開【資産運用】

ブログ画像資産形成
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!
2020年に国立理系大学院を修了し、現在では民間企業の研究職に勤めているふくろう博士と申します。
Twitter@college_blog01


今回の記事では2020年9月度に購入した投資銘柄の内訳や投資戦略、現在時点でのポートフォリオについて解説していきます。

今回の記事を読んで頂くことで、

・投資を始めてみたいけど一人で始めるのは怖い…
・独身新卒社会人のリスク許容度はどの程度なのか参考にしたい

といった不安や疑問をある程度解消することが可能です。

ところで、何故このような記事を作成するに至ったのかというと『すべての日本人はもっと資産運用に取り組むべきだ』という持論を持っているからです。

このような考えを持つに至った理由として、2014年に出版された仏の経済学者トマ・ピケティ著の『21世紀の資本』という本が挙げられます。


この本の内容を一行に要約すると、過去200年間の資本主義社会は以下の単純な式で表すことが出来ます。

r>g

r:資本収益率(5%程度) g:経済成長率(1~2%程度)


私たちが資本主義社会というルールで生きている限り、この不等式の意味を知らないことはこの世の中のルールを知らないことに他なりません。

この不等式は資産運用によって得られる富が労働によって得られる富よりも成長が早いということを意味しています。

つまり、資産家は資本主義社会の下でより裕福になり、労働者は相対的に貧乏になっていくため貧富の差が拡大するということです。

言い換えると、資本主義社会の下で私達のような労働者が取りうる唯一の手段が投資による資産運用を行うことであり、私が皆さんに伝えたいことでもあります。

前置きが長くなってしまいましたが、非常に大事なことなのでr>gという不等式だけでも覚えていただけると幸いです。

それでは早速今月の投資銘柄を見ていこう!

スポンサーリンク

楽天証券で購入した銘柄と資産額

私が楽天証券で今月購入したETFやREITは次の通り

  • NFJ-REIT(1343) :10株      18600円相当 (特定)
  • HDV       :4株  34000円相当 (特定)
  • SPYD        :11株   31800円相当 (特定)
  • 楽天(全米株式) :     43000円相当 (積NISA)

 ※購入時のUSドル/円は105.67

投資額の合計は127400円でした!

基本的な投資戦略は『高配当投資による安定したフリーキャッシュフローの獲得

税抜き後配当が4%前後になることを期待し、セミリタイア可能な金額(3000万円を予定)が貯まるまで配当金は再投資する予定です。

9月度の投資環境としては、先月に引き続き『アメリカの中央銀行であるFRBが異次元の金融緩和を行ったことによる巨額の投資資金の流入が株高を維持している』といった印象。

S&P500インデックスファンドは既にコロナ危機前の高値を更新し、金融緩和が続く限り現状が続きそうな予感。

しかし、今年9月度にはSPYDが前年同期比‐40%もの大幅減配が発表!配分金利回りが3.62%まで下落しました。

SPYDのセクター比率上位を占める金融、不動産、エネルギー事業が軒並みコロナの影響を直撃したためですね。

このように大幅減配をしてしまったSPYDですが、私は今後も愚直に定期積立を続けていく予定です。

また、『投資総額が12万円程度と新社会人の給料では負担が多いのではないか?』と思われるかもしれませんが、

  • 家賃の9割を会社が負担してくれている
  • 年度末まで出張のため、出張手当がついている

以上の理由で投資金額を増やしています。

最後に、この記事を作成している段階での資産合計は350404円です。

今年度中に金融資産合計が100万円を超えられるよう、引き続き機械的に積み立てを行っていきます!

新社会人(修士卒)の基本給手取りが20万円程度のため、来年度以降は総額で10万円くらいに収める予定です。

SBIネオモバイル証券で購入した銘柄と資産額

次に、SBIネオモバイル証券で購入した日本株は次の通り

  • (2169)CDS    :1362円
  • (2914)JT     :1997円
  • (8306)三菱UFJ   :1311円
  • (9432)NTT    :2244円
  • (9437)NTTドコモ :2705円

三菱UFJのみ3株、残りはすべて1株購入。合計金額は9619円になりました。

楽天証券とは別にSBIネオモバイル証券を持つメリットは小額の手数料で1株を売買可能な点!

日本株1株を手数料負けせずに売買可能なのは現状SBIネオモバイル証券だけなので、口座開設がまだの人は口座作成をオススメします!

SBIネオモバイル証券のメリットについて知りたい方はこちらの記事を参考に!

口座開設は下記の広告から行いましょう!

【SBIネオモバイル証券】

SBIネオモバイル証券を用いた投資も楽天証券の銘柄と同様、『高配当投資による安定したフリーキャッシュフローの獲得』を目的としています。

そのため、基本的な投資戦略はバイ&ホールド

不祥事などといった特別な事情がない限り、永久保有株として所持し続ける予定です。

長くなったので今回はこの辺で。

この記事を読んでくださった方が一人でも多く経済的に豊かな生活が送れるよう祈っています。

一緒にこの資本主義社会を生き抜けられるよう頑張りましょう!

コメント