【1月度】20代理系院卒社会人が資産運用の過程を大公開!【資産3000万円を目指すブログ】

1月投資資産形成
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。2030年までに純資産3000万円の達成を目指しているふくろう先生と申します。
Twitter:(college_blog01

今回の記事では2021年度1月度に購入した商品を公開していこうと思います。

2021年度も去年と同様、バイ&ホールドを前提とした高配当投資とインデックス投資を主軸に投資を続けていきます!

近年では積み立てNISAといった長期投資を前提とした資産運用が注目されていますが、淡々と買い続けるだけの投資戦略は案外難しいことがデータで示されています。

つみたてNISA、意外と多い短期志向?~積立投資と合わせて長期投資は根付くのか~

20年間の非課税枠を活用するためにも、目先の株価にとらわれず淡々と買い進めていくことが大事ということが分かりますね。

投資の心得を再確認できたところで、今月の投資内容を見ていきましょう!

↓12月度の購入銘柄は次の通りです。よかったら参考にしてください。

スポンサーリンク

購入した資産一覧

今月購入した商品は次の通りです。

  • NFJ-REIT
  • iシェアーズ コア米国高配当株 ETF
  • SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • Bitcoin

J-REITに約1.8万円、米国高配当株に約8万円、米国インデックスファンドに3.3万円、ビットコインに1万円投資しました。

上記の資産は毎月淡々と積み立てていく感じですね。毎月の購入金額と割合以外のことについて考えることもありません。

日本やアメリカの資本主義社会が繁栄し続ける限り買い増しを続ける所存です。

日本の高配当株

日本の高配当株として次の銘柄を1万円分購入しました。

  • JT
  • 三菱UFJ
  • センチュリー21
  • 武田薬品工業
  • TAKARA & COMPANY
  • 三菱UFJリース

日経平均が3万円を目安に上昇を続けており、一部ではバブルを指摘されている状況ですが高配当株投資に与える影響は限定的です。

とはいえ、コロナショック時と比較すると配当利回りは相対的に下がっている印象。

銀行株やリース業、建設株といった景気敏感株が配当利回り上位に連なっていますが、セクターが偏らないよう注意が必要ですね。

累計の投資額

楽天証券の口座で投資した商品の合計は下記の通りになります。

含み益が+11万円となり、合計額が100万円の大台を突破することが出来ました!!

目標額である3000万円の3.3%ではありますが、早期リタイアに向けて確実に歩んでいることを実感しますね。

日本株の総額は5.2万円、ビットコインの総額は6.0万円であるため、全て足し合わせると116万円という結果に。

まとめ

日米の高配当株を合わせると80万円になりました。

税引き後の配当利回りが4%とすると、一年間で得られる収益が3.2万円ということになります。

セミリタイアの生活費には遠く及ばない金額ですが、ちょっとした贅沢やプチ旅行を行える金額を働かずして得られるなんて素晴らしいですよね!

今後もこのまま資産購入を続けていきたいと思います。資産形成に興味がある方は今後も読んでくれると嬉しいです。

Twitterもやっているので、興味がある方は是非フォローをお願いします。

コメント