【20代セミリタイア】21年4月に購入した資産を公開【新社会人の資産運用】

21_4月度資産形成
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。30歳までに3000万円の金融資産を形成することを目標としているふくろう先生と申します。
Twitter:(@college_blog01

気がつけば季節は春、いつの間にか社会人生活も2年目に突入していることに驚く今日この頃です。

弊社では入社2年目から希望部署に配属されるシステムを導入しているため、去年に引き続き研修を行っている段階となっています。

学部卒で就職した同期は4年目として新入社員のOJTを担当している人がいる中、研修という名の放置プレイを食らっている今日この頃。

精神的、肉体的負担は雲泥の差なのに基本給は3,4万円程度しか違わないのは日本の悪い所ですね。

お金を稼ぐとは何か、を考えさせられる毎日を過ごしています。

前置きはここまでにして、早速購入した資産を公開していきましょう!

先月分の投資成績はこちらから確認できます。

スポンサーリンク

今月購入した資産一覧

今月購入した資産は以下の通り。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • iシェアーズ コア米国高配当株 ETF(HDV)

悲しいことに部署異動によって残業代が出なくなったため、投資に回せるお金が減少してしまいました。

楽天全米インデックスファンドには3.3万円、HDVにはおよそ1万円を投資しています。

去年と比較すると、投資に回せる金額が少なくなった都合で必然的にJ-riet, 日米の高配当投資, Bitconへの投資が割を食うことになります。

とはいえ、世界的に割高感のある株式市場では相対的に高配当投資の魅力が損なわれているため、買い増しは機会損失のため最小限でもいいかな、と考えています。

そのため、現状はインデックス投資を含めて月間5万円程度が投資に回す限界かというのが正直なところ…

家賃の80%は会社負担で済んでいるため投資に回せる金額が用意できているのですが、100%自己負担だとこうもいきませんよね。

やはり、就職活動時点で福利厚生や給与体系をしっかりと認識することが重要だと再認識します。

インデックス投資への比率を下げることも視野に入れる必要があるかな?
新しくビジネスを始めたいとも考えているので、給料をどう割り振るかは悩ましいところ…

今月購入した日本株一覧

今月注文した日本株は以下の通り。

  • KDDI
  • 蔵王産業

どちらも配当利回りが3.5%, 3.7%と突出して高いわけではないのですが、機会損失を避けるために1株ずつ購入。

日本の高配当株ポートフォリオは通信や商社株、銀行株などの特定業種に偏りがちなので、そのあたりも気をつけながら買い増しを行いたいところです。

機会損失を理由に株を複数

SBIネオモバイル証券なら実質手数料が月20円で1株から購入できるため非常に便利ですね。


100株単位で日本株を購入することが難しい若年層にとっては非常に良いサービスだと思います。

日本株高配当投資に興味がある方は検討の余地があると言えるでしょう。

まとめ

現時点での投資成績と総資産額は以下の通り。


評価損益が元本と比較して+21%と大幅なプラスになりました。

とはいえ、資産を売却しなければ損益は確定しませんし、バイ&ホールド戦略をとっているため損益は気にする必要がないというのが私の意見です。

総資産額はこんな感じ。

引っ越しによる家具&家電の買い替えが控えているため、ボーナスが入る6月までは総資産額は増えない見通しです。

引っ越し費用は50万円くらい行くのでは…?

お金は使うためにあるとはいえ、一気に口座の資金が減る様は精神衛生上良くない(笑)

コメント