【21卒】就職浪人を検討する前に今からやるべきことや注意点を解説【NNT】

就活アドバイスサムネ就職活動
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!
20卒として就職活動を行い、現在では民間企業に勤めているふくろう先生と申します。
Twitter:(@college_blog01


今回の記事では、『21卒でまだ内定が無い方や就職活動を継続する予定の方が今から行うべきこと』について解説していきます。

今回の記事を読むことで、

☑コロナ渦の中で就職浪人をするべきかなぁ?

☑どの会社からも内定がもらえなくてしんどい...


☑まだ就職活動を続ける予定だけど、どうしたら内定が貰えるか分からない


といった疑問や不安を解決するキッカケが掴めると思います。

2020年の3月に大流行したコロナウイルスの影響で、今年の就活市場は大いに混乱しました。

日本の大手航空業界である日本航空(JAL)や全日本空輸株式会社(ANA)が今年の新卒採用を見送ったというニュースからも深刻さが伝わってきます。

皆さんの中にも、例年とは全く異なる就職活動に適用できなかったために納得のいく内定が得られない方も多いはず。

コロナウイルスさえなければ今のような現状にはならなかった

というのが多くの人の正直な感想かと思われます。実際に、私の大学時代の後輩からも何度かこういった相談(愚痴)のようなものを受けていました。

しかし、いくら世間の不条理を呪ったところであなたを採用してくれる企業が突如現れるといった都合の良い未来は起こりません。

自力で行動し、将来に向けて今から出来る準備を進めていくことが賢明と言えます。

しかし、いくらあなたが内定獲得のために努力したとしても、それが正しい方向に発揮できなければ報われる可能性は低いでしょう。

就職浪人も内定を得るための一つの手段ではありますが、『なぜ希望する企業から内定を得られなかったのか』という根本的な原因を解決しない限り今年と同じような失敗を繰り返す可能性も...

そこで、本ブログでは納得のいく内定を得られていない【21卒】に対してJobSpring への登録をオススメしています!


JpbSpringへの登録をオススメする理由についても詳しく解説していくので、現時点で内定が無い方は是非参考にしてみて下さい!

2021年1月現在、21卒だけでなく22卒の就活生も無料相談可能です!
新しく就職活動を始める第一歩として、今から活動することを強く勧めます。
スポンサーリンク

JobSpringってどんなサービス?

JobSpringは株式会社Rootsが運営しており、企業と学生間の就職活動支援を行うHRTechです。

JobSpringをオススメする理由は以下の通り。

  • 就活生一人に対しエージェントが直接面談を行う
  • 面談時の希望に沿った企業を紹介してくれる
  • エージェントがESや面接対策をサポート
  • メディアサイトで就活情報を提供

といったサービスをすべて無料で行えます!

「いくら何でもこれだけのサポートを無料って怪しいんじゃないの?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、企業(Roots)の収益構造を理解すれば健全な収益ビジネスを形成していることが分かります。

サイト運営会社である株式会社Rootsは新卒人材を求める企業から広告費各種手数料という形でお金をもらっており、そのお金の一部を上記サービスに必要な人件費等に充てています。

図にするとこんな感じ

jobspring



企業や就活生、そして紹介会社であるJobSpringにとって相互にメリットを享受する関係にあることが分かるかと思われます。

企業がJobSpringに対して支払う手数料や広告費の一部が内定サポートの資金に充てられているため、皆さんは無料で内定サポートを受けることが出来るということですね。

企業側からしても、就活生の特徴や強みを理解したうえで自社に最適な就活生を採用することが可能であり、本来手間と費用がかかる新卒採用を外注化することが可能です。

(社会人になってから分かったのですが、新卒者の採用は企業側からしてもコストが掛かる大変なイベントなんです!)

つまり、就活生と採用企業、JobSpringが三方良しのサービスと言えます。

なるほど。
こう聞くと、多くの就活生にとってJobSpringは有益なサイトになるね!

その通り。
その中でも、特に就職浪人やNNTを検討している就活生にこそ強くオススメしたい理由を次の章で述べていくね。

JobSpringをオススメする理由5選

このようなサービスを提供しているJobSpringですが、就職浪人を検討している場合でも今のうちから登録しておくべきだと考えています。

現在NNTの学生が今スグ登録するべき理由と具体的なメリットを5つ紹介するので、

こんな考え方があるんだなぁ・・・

くらいの感覚で最後まで読み進めてみて下さい!

現在の自分を客観的に判断してもらえる

就職活動が長引いている根本的な原因として、自分自身が本当にやりたいことや興味があることが理解できていない可能性があります。

☑周りが就職活動をしているから、とりあえず知っている企業にESだけ送っておこう

☑就職活動って言っても、やりたい仕事なんて特にないよ...


こんな状態の方もいらっしゃるのではないかと推測しています。

少し厳しい言い方になってしまいますが、志望動機等があやふやな状態では自力で条件の良い会社に就職することは困難と言わざるを得ません。

仮に就職浪人をしたところで、根本的な原因が解決しない限り高い確率で同じ失敗を繰り返すことになるでしょう。

自力での解決が困難な場合、必要となるのは第三者の目線から今の自分を客観的に評価してもらうこと。

つまり、JobSpringのエージェントと相談することで自分の目指したいキャリアや価値観を明らかにすることから始めるべきです!

エージェントとの面談にかかる費用などはすべて無料であるため、まずは申し込みをするところから始めてみましょう。

就活生は志望動機や自己分析をないがしろにしがちですが、社会人として働く上で結構重要なことですよ。
自分の特性や興味をよく理解しないまま入社したばかりに、
『なんとなく自分がいるべき場所じゃない』
と感じ、そのまま退職する同期は結構見かけるものです。

WEB上で面談が可能!

エージェントとの面談が無料で行えるとはいっても、面接のために東京まで向かうのは面倒...

そう考える人も多いと思われます。また、コロナウイルスの感染拡大が収まっていない中で外出するのに抵抗感を持つ人も多いはず。

しかし、その点はご安心ください。JobSpringでは現在WEBを活用した面談を行っています!

自宅にインターネットを接続できる環境さえあれば、わざわざ東京に出向かうことなく最適なアドバイスや企業を紹介してもらえることが可能です。

リンク先の【面談予約フォーム】に必要事項を記入し、面談希望日を選択したうえで送信ボタンを押せば手続きはすべて完了します!

全部の作業を合わせても3分間かからないので、下記のリンク先から申し込みを完了させましょう!

【21年 1/2 追記】
現在面談希望者が多く、1~2週間程度の順番待ちが発生する場合があるとのこと
早期の内定を希望する場合、今すぐに申し込みをしましょう!

JoySpringの【面談予約フォーム】はこちらから!

 

紹介される企業は厳選された3~4社程度と少ない

21卒生の中には、似たような会社のサービスを利用してみたところ、面談終了後に大量の求人が送られた体験をした人がいるのではないでしょうか?

このようなサービスを提供している会社の場合、企業からの紹介手数料や広告費から利益を得ているためどうしてもこのような事態が発生しがちです。

自分のメールアドレスに大量の求人が送られてきたところで、

どの企業が自分の要望に合っている企業なのか判断できない!

といった状態になり、結局無駄な時間を浪費してしまっては登録する意味がありません。

しかし、JobSpringが提案するのは膨大な企業の中からあなたの要望に合った3~4社のみ!

あなたがエージェント面談時に伝えた内容を基に就職活動をサポートするプロが厳選した会社なので、間違いのない企業を提案してくれる可能性が高いです。

就活生だからといって就職活動のすべてを自分で行わなければならない決まりはありません。

必要であれば就職活動に関する詳しい判断をプロに任せ、自分が出来ることだけに注力することが賢い選択肢であると言えます。

ESや面接の対策をしてくれる!

現時点でNNTやそれに近い状態の学生は、多くの場合ESの内容や面接時の対応に問題がある可能性が高いです!

この問題点を直さない限り、就職浪人したところで来年も結果は変わらないと思われます。

厳しいことを言っていますが、決してあなたの人間性や能力に問題があるわけではないことは理解してください。

面接官も結局のところ人間なので、

  • 面接時の姿勢がよくない
  • ESの内容がなんとなく薄く感じる
  • 話し方がゆっくりで間延びした感じを受ける
  • 所々で敬語が怪しい
  • ネクタイが少し曲がっている

このような単なる印象によって内定の有無が決まってきます。

こういった問題点は些細であるがゆえに自分自身では気が付かないものです。

公式HPでも、

ESの書き方から実際の面接対策まで、経験豊富なエージェントが個別にアドバイスいたします。

と明記されています。

就職活動のプロに自分自身を一度見てもらい、客観的な意見を貰うことで悪癖を矯正していきましょう。

入社後の離職率が0.1%と低い!

マイナビが行った調査によると、せっかく新卒で入社した会社を3年以内にやめる社員は全体の30%にもなるそうです!

せっかく苦労して入社した会社なのに、

自分自身が思い描いていたキャリアと違う

といった理由で退社するのは企業だけでなく退職者にとっても不幸です。

しかし、JoySpringではあなたに合う厳選した企業を紹介してくれるため、3年間の離職率はなんと驚異の0.1%

就活生の立場に寄り添った提案をしなければ達成関無い数字です!

このデータからも『あなたのキャリアに沿った企業を厳選して紹介する』という企業姿勢が垣間見れますね。

まとめ

ひらめき

今回の記事では、現時点で内定が無い、または満足な内定先を得られていない21卒に対して就職浪人を検討する前に今からやるべきことや注意点について解説しました。

本ブログでは、就職浪人を決定する前にJobSpring へ登録してみることを強くオススメします!

理由として、NNTやそれに近い状態の学生は

  • ES、面接等でに本人が自覚できていない欠点がある
  • 就職活動の軸がはっきりしていないため、志望動機があやふや

であるため、就職浪人や就職活動を続けたところで失敗を続ける可能性が高いためです。

この状態を脱却するためには、JoySpringを活用して就職活動のプロから客観的なアドバイスをもらうことが不可欠となります。

JoySpringは掲載企業からの手数料や広告費等で運営しているため、就活生は各種サービス無料で利用することが可能!

現在ではオンラインで面接することが可能なので、わざわざ東京まで出向く必要もありません。

紹介してくれる企業も面談時に伝えた要望の中から厳選した3~4社を提示してくれるため、入社3年後の離職率も0.1%と桁違いに低い水準を維持しています。

現在内定が無い21卒にとって救世主となりうる企業であると思いますので、まずはWEBで面談の日程を決めるところから始めましょう!

JoySpringの【面談予約フォーム】はこちらから!



必要事項を全て記入するのに3分程度しかかからないため、記事を読んで就活意欲が高まった今この瞬間に予約を完了させちゃいましょう。

この記事をきっかけに一人でも多くの就活生が内定を得られることを願います!

コメント