【脱ダサい服】ファッションに興味がない理系大学生が”普通の”服装を選ぶコツを解説

服装を選ぶコツを解説就職活動
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。理系大学院の修士号(農学)を取得し、現在は民間企業の研究職に従事しているふくろう先生と申します。
Twitter:(@college_blog01

高校生と大学生の生活を比較したとき、大きな違いの一つとして挙げられるのが”服装”でしょう。

多くの高校では毎日学校指定の制服を着て登校すればよく、休日の部活動の際もジャージを着ていればよかったので、高校生までの生活ではファッションに興味がない人も案外何とかなるものでした。

しかし、大学生となると話は別。毎日の私服が”人に見られる”前提のもとで選ばなければなりません。

服を選ぶこと自体が楽しいと感じる人はそれでいいのでしょうが、私たちのような理系人間の多くは服なんてただの生活必需品としての価値しかありません。

近くのユニクロなどでなんとなく気に入った柄の服装を買って終わりの人が多いかと思われます。

とはいえ、今までファッションセンスなんて全く意識していなかった人がなんとなく選んだ服の組み合わせは正直言ってダサいものです。

そこで、今回の記事ではそんな服装の選び方について解説していきます!

記事の後半には間違いのない服を買うコツについて紹介したので、そちらもご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

自分に合う服を探すのは難しい

私は季節の変わり目など様々なタイミングで服を購入するのですが、この自分に合った服を探すという作業は結構苦痛に感じるタイプです。

何故ならば、ほとんどのアパレルショップでは商品の陳列が下手くそで一覧性に乏しく、自分に合った目当ての服を探しにくいため。

ごく一部の売りたい商品はマネキンに着させて目立つ位置においてありますが、その他大勢の商品は折りたたんだりフックにかけてあったりで一々取り出すのが手間なんです。

仮に取り出した商品がイメージと違う場合はもう一度商品棚に戻す必要がありますし、パンツとアウターは別の位置で陳列しているため何度も往復して吟味するという手間が発生します。

その結果、悩んだ挙句に「まあ、これでいいか」と適当な判断で買った服が気に入らず、結局一度も使わなかった経験は多くの人にあるはずです。

オシャレ上級者はこういった経験を積んでセンスを磨くのかもしれませんが、私のような服なんてあくまで生活必需品としか認識していない層には無駄な時間でしかありません。

また、服は一着ごとに安くない金額を支払う必要があるため、合わない服を買ってしまった時のダメージはめちゃめちゃ大きい!

そういったリスクを考慮すると、自分ではなくプロに選んでもらうことが無難という結論に落ち着きます。

プロに選んでもらおう

服というものは不思議なもので、それぞれ単体で見ると普通なのに組み合わせると途端にダサく感じられることが多々あります。

この現象は人間の脳が色彩と密接に関係しているために起こる現象であり、例えば赤い色はやる気や行動力、緑は調和、バランス、平和などと結びつける傾向があるとのこと。

そして、さらに色には補色や対象色といった色ごとの相性があり、組み合わせによって脳に与える影響は大きく変化します。

私たちは普段これらの感覚を無意識的に理解しているのですが、この感情の機微を理解し適切な服を選択するまで鍛えていないためダサい服を選んでしまうのです。

以上のことから、ダサい服装を卒業するためには色彩学を極めることが重要となりますが、ぶっちゃけ服のためにそこまで時間と労力をかけたくありませんよね。

そのため、生活必需品としての服が欲しい方は服の専門家に選んでもらうのが一番手っ取り早いと言えます。

今の時代はネットでマネキン買いが可能!

いくらプロに選んでもらうのが正しい選択肢と分かっていても、いざ直接店舗に行って店員さんにアドバイスをもらうのは勇気がいります。

また、店員さんも商売なので、今ある在庫の中で売れ行きが悪く単価が高い服を優先して押し付けてくる可能性も十分に考えられることでしょう。

店頭に並んでいるマネキンを一式買えば流行に乗った今どきの服を手に入れられますが、サンプル数が少なく自分に合う組み合わせが見つかりにくいという欠点が…

仮に自分にあうマネキンが見つかったとしても、自分のサイズにあう在庫がちょうどなかったら悲劇です。おとなしく家に帰るほかありません。

つまり、ファッション初心者が店舗で選ぶのは少々敷居が高めです。

そこで、私がおすすめしたいのがオンラインショップでマネキン一式を購入すること。

特に今まで納得のいく服を選んだことのある経験に乏しい人はメンズファッションプラスでの購入を強くおススメします。


このブランドの特徴として、上記画像のように”とにかく無難で普通の服”であり、”どんなコミュニティに所属していても浮かない服”をたくさんの選択肢の中からマネキン買い出来ること!

春服の場合、なんと7000件以上の候補から自分の好きな服装をワンクリックで購入することが可能なため、そうそう他人と丸被りする可能性もありません。

価格も1万円前後でインナー,トップス,ボトムスの三点セットを購入可能なため、何かと金欠気味な大学生~20代社会人には嬉しい設定です。

サイズはS,M,Lのように表記されており、身長とサイズの関連性は次の通り

  • 155cm~165cmのかなり細身体型メンズはXSサイズ
  • 155cm〜165cmまでのメンズはSサイズ
  • 165cm~175cmのメンズはMサイズ
  • 175cm〜185cmのメンズはLサイズ


商品到着後30日以内であればサイズ・イメージ違いといった理由で着用済み、洗濯後、タグなしの服を返品することが可能というかなり親切な設定となっています。

メンズファッション+のHPはこちら!

上記ボタンからメンズファッション+のHPに飛べるので、興味が湧いた方は是非購入を検討してみて下さい!

コメント