【新社会人必見】院卒社会人一年目が7~9月度の収支報告をするよ【アーリーリタイアに向けて】

お金の話
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。10年間で3000万円の金融資産を保有し、早期リタイアを計画しているふくろう先生と申します。
Twitter:(college_blog01

今回の記事では理系院卒の社会人が一年目の7~9月の家計収支を公開していきたいと思います。

同世代の他の人がいくら給料を頂いて、いくら使っているかって気になりますよね。

私自身はこうやって定期的にブログで公開しているのですが、正直言って同世代の方の給料事情はメッチャ気になる!

なのでやる気がある人は是非ブログを解説して公開してください。また、このブログなんてお勧めですよ、というサイトがあれば是非教えてください。

私自身はアーリーリタイア【FIRE】を目指しているので、そういった単語に興味のある方も歓迎です。

もちろん、これから社会人になる大学生・大学院生にとっても役立つ情報が詰まっているので、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

7月度の収支

収入
給与   :¥314,572(賞与:\99,849)
貯金   :¥88,288
会社経費 :\8,903
副業   :\93,929

支出
基礎生活費(月間):¥8,8599
基礎生活費(年間):¥42,320
ゆとり費(月間) :¥4,662
ゆとり費(年間) :¥9,768
事業用予算    :¥2,103
会社立て替え   :\7,910
投資・貯蓄用資金 :¥88,288

7月度の収支はこんな感じ。入社から初めてのボーナスを貰えた記念すべき月でもあります。

新入社員の夏ボーナスは寸志と呼ばれ大した金額を渡されたわけではないのですが、毎月の給与とは別にまとまった金額を得られるのはさすが会社員といったところ。

早期リタイアを目指す私にとっては非常にありがたい臨時収入となりました。

基本的には毎月の基本給の範囲内で生活している私にとって、ボーナスや臨時収入は全額貯蓄に回せるのです。

また、副業で9万円近くの収入がありますが、これはフリマアプリの売り上げを銀行に振込したものです。

発送費とか手間賃を考えると純利益はほとんどない(むしろ赤字)だと思います。定価で購入した商品を半額未満とかで販売していたので。

さらに、7月からは本格的な投資もスタートしました。楽天銀行⇔楽天証券間の資金移動の履歴は修士に反映されないので投資額をメモしておくと、

7月度投資額(楽天):\74,331

です。

毎月の投資額や購入した銘柄については別途記事に挙げているため、そちらを参考にしてください。

8月度の収支

収入
給与   :¥197,936
貯金   :¥10,000
会社経費 :\8,176
副業   :\9,331

支出
基礎生活費(月間):¥50,766
基礎生活費(年間):¥96,439
ゆとり費(月間) :¥28,677
ゆとり費(年間) :¥33,546
事業用予算    :¥2,500
会社立て替え   :\16,000
投資・貯蓄用資金 :¥10,000

8月度の収支はこんな感じ。通常の給料に加え、10万円の定額給付金が配られたことから収入が膨らみました。

一方で、支出も23万円と結構多いです。理由としては、この時期に2度目の引っ越しを行ったため。

引っ越し費用や引っ越し先で新規家電を購入するなど、結構出費が増えてしまいました…

会社の指示で全国を回らなければならない身とはいえ、自分で済みたい場所に住むことさえできないのは結構なストレスですね。

その他には、友人と小旅行に行ったりなどプチ贅沢をしたことが原因として考えられます。

とはいっても、心を豊かにするようなお金の使い方であれば問題はないと考えているため特に問題はありません。

月間の収支がプラスになっていれば、ある程度の浪費は必要経費といえるでしょう。

9月度の実績

収入
給与   :¥197,936
貯金   :¥457,000
会社経費 :\99,022
副業   :\34,723
その他  :\23,000

支出
基礎生活費(月間):¥43,830
基礎生活費(年間):¥58,522
ゆとり費(月間) :¥82,473
ゆとり費(年間) :¥0
事業用予算    :¥12,124
会社立て替え   :\16,000
投資・貯蓄用資金 :¥47,000

9月度の収支はこんな感じ。

学生時代にためていた銀行口座をMoneyForwordに登録した影響で、収入が+45万円と異常に増加しています。

実際の収支は+6万円程度なので、先月に引き続きプラスにはなっています。

引っ越してから1ヶ月ということもあり、時短家電や家具等を購入した影響で支出は膨れ気味…

この月から出張手当ということで全体の給与額が上昇しましたが、もう少し色を付けて欲しいですねぇ。

まとめ

7~9月度の収支をまとめてみました。

夏ということもあり、旅行や交際費といった娯楽費用が多かった時期でした。

また、会社の出張の影響で家電購入のため出費したのも痛いですね…

とはいえ、毎月の収支はプラスになっている訳ですから問題はないと言えます。

4~6月度の収支は次の通りとなっています。非常に参考になる内容となっているので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

コメント