【再現性あり】大学生がとにかく1ヶ月で5000円を手に入れる方法【継続性は微妙】

大学生がとにかく1ヶ月で5000円を手に入れる方法お金の話
スポンサーリンク

こんにちは!ふくろう博士(college_blog01)と申します!

昨今のコロナウイルスの影響で、多くの方が経済的に不安な日々を過ごしたかと思われます。

大学生の5人に1人は停学・退学を検討しているというデータからもわかる通り、大学生は経済的自立からは遠い存在です。

  • 両親が勤め先から解雇を言い渡された
  • 祖父母が病気になった影響で高額の介護費用が必要となった
  • 兄弟・姉妹が私立大学に進学し、教育費が想定以上に膨らんだ

普段は見えない潜在的な家庭の経済リスクは、今回のような危機的状況で顕在化します。

上記のリスクは

  • アルバイトを掛け持ちして稼ぐ
  • 奨学金を増額する

等によって軽減することができますが、将来・現在の自分への負担が大きいというデメリットがあります。

そこで、今回の記事では「一円でもいいからバイト以外でお金を稼ぎたい」という方を対象に、お小遣いサイトで月5000円を稼ぐ方法を紹介します。

今回の「インターネット上でもお金を稼ぐことができる」という経験をきっかけに、少しでも社会やお金に関する価値観が変化してくれると嬉しいです。

世の中に存在する「ネットで楽して大金を稼ぐ」という誘いには絶対に乗らないこと

「ネットで大金を稼ぐこと」や「少ない労力で月数百円~数千円前後を稼ぐこと」自体は可能ですが、「楽して大金を稼ぐこと」は絶対に不可能です。

詐欺被害に会わないよう、「楽して大金を稼ぐ」系の怪しい勧誘には注意しましょう!
スポンサーリンク

お小遣いサイトとは?

お小遣いサイトとは、サイト内のキャンペーンや各種ゲーム、サービス利用、資料請求、銀行講座の開設等によって貯まったポイントを現金に換金出来るサービスです。

溜まったポイントは現金に利用するだけでなく、アマゾンポイントや楽天スーパーポイントに変換できるサイトも存在します。

サイトの登録・利用料は無料であり、スマホとインターネット環境さえ整っていれば誰でも利用出来るサービスです。

しかし、概要を聞くだけでは

「なんだか怪しいなぁ?本当に安全なの?」

と感じる方も多いでしょう。

そこで、なぜお小遣いサイトでポイントを貰うことができるのか仕組みを簡単に解説してみましょう!

「サービスがどのような収益構造によって成り立っているのか」を考える力は詐欺被害に遭わないために大切だよ。

お小遣いサイトの仕組み

結論から言うと、お小遣いサイトのポイントはサイト上に掲載されている企業から広告料として支払われている金額の一部です。

この説明だけだと分かりにくいと思うので、順を追って説明したいと思います。

「お小遣いサイトで貰えるポイントは安全なんだ」

となんとなくでも理解出来た方は、次の「オススメのお小遣いサイト」へスキップしてください。

収益化の構造

ある化粧品会社が新商品を開発したと仮定します。

化粧品会社は消費者にたくさん商品を買ってもらうためにTVや雑誌、駅の広告等によって商品の宣伝を行います。

しかし、TVや雑誌の掲載料は高額です。また、不特定多数が見る広告では本当に商品を必要とする消費者に情報が届かない可能性もあります。

従って、企業としては

  • 商品を買う見込みがある消費者にのみ
  • 安価な広告料で

広告を打ちたいと考えています。

そこで、近年企業が新たに目を付けたのが「お小遣いサイト」です。

企業がお小遣いサイトに広告を打った場合、サイト経由で自社製品への購入リンクが作成されます。

この際、「商品購入で○○%ポイントバック」や「無料試供品を〇ヶ月分提供」といった消費者に利益の一部を還元するキャンペーンを実施します。

これにより、お小遣いサイト経由で商品を購入する消費者はお得に商品を買うことができるのです。

この関係性は企業が一方的に損をしているように見えますが、

TVCM等の広告費>>>お小遣いサイトの広告費

であるため、以前と比べて支払う広告費は減少しているのです!

以上の理由から、

  • 宣伝を行う企業
  • お小遣いサイトの運営会社
  • お小遣いサイトのユーザー

すべてが利益を得るWin-Winな構造となっています。

つまり、今までTVや出版社に支払っていた高額な広告料を大幅に削減することができたため、その利益の一部をポイントという形でユーザーに還元されている、ということだね。

オススメのお小遣いサイト

お小遣いサイトの収益構造が理解出来たところで、お小遣いサイトの始め方を紹介します。

一口にお小遣いサイトといっても種類は豊富です。

企業の広告料を資本として健全にサイト運営を行っている会社もあれば、我々消費者をだますことによって利益を得ている悪質な会社も存在します。

安心してサイトを利用するためには、

  • 長期間サイト運営がされていること
  • プライバシーマーク(日本経済社会推進協会)のお墨付きがあること
  • 十分な広告量が存在すること

が必要不可欠でしょう。

上記の条件を満たすお小遣いサイトとして、当サイトでは『モッピー』をオススメしています!

☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆ 
▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

上記リンクから登録可能です!

早速登録をしてみましょう。

5000円稼ぐ方法

サイトの紹介と登録が終わったところで、皆さまが一番気になる「5000円の稼ぎ方」について解説したいと思います。

『モッピー』は様々な方法で稼ぐことが出来るので、自分に出来る内容がないかひとつづつチェックしていきましょう。

※時期によっては今回紹介した案件が存在しない場合があります。ご了承ください。

クレジットカードの発行

始めに行ってほしいことは『クレジットカードの発行』です。

このサイトをご覧になっている皆様の中には、Amazonやメルカリ等で購入した商品を代引きやコンビニ支払いで済ませている方はいらっしゃいませんか?

代引きの場合は余計な手数料がかかる、コンビニ支払いの場合は支払い完了まで手続きが面倒というデメリットがあります。

その点、クレジットカードは一度通販サイトと連携すれば手間もかからずに商品を購入することが出来るのです。

それでは、実際に申込手続きの方法に移りたいと思います。

上記リンク経由で『モッピー』にログイン後、「検索」ボタンをクリックします。

そうすると、『クレジット・キャッシング』の欄があるのでボタンをクリック。

各種クレジットカード会社への紹介リンクから登録を済ませましょう。

クレジットカードを発行する際に気を付ける点は以下の通りです。

  • 年会費が無料であること
  • 絶対にリボ払い(リボルビング払い)に設定しないこと
  • ポイントの還元率が高いこと
  • ポイント目当てに何枚も作りすぎないこと
  • ご利用限度額は最低限にすること(10~20万程度)

個人的なオススメとして、還元率の高い『楽天カード』や26歳以降に自動でゴールドカードに昇格する『三井住友カード デビュープラス(学生)』があります。

また、PayPayを使っている人は『Yahooカード』、日常的に電車を利用している人はSuicaと連携できる『JRE CARD』といったように、自分の生活様式に合ったカードを作成することが大切です。

ネット銀行の開設

クレジットカードの申し込み後、次にネット銀行を開設しておきましょう。

大学に進学したばかりの学生の場合、親が自分名義で作成した『ゆうちょ銀行』や地方銀行、地方の信用金庫の口座しかもっていない場合が大半でしょう。

これらの銀行のATMは17:30には閉店しており、急な飲み会で出費があるとコンビニで手数料を払って引き出す必要があり不便です。

しかし、多くのネット銀行は24時間無料でコンビニ引経由の引き落としができるのです!

また、県外への就職や転勤に備えて若いうちから口座を開設することで融資や各種ローンを組みやすくなるといったメリットもあります。

【金融・投資・保険】欄から【銀行・ネット銀行】を選択し、広告が掲載されている企業のサイトへ移動するだけ!

個人的にオススメなネット銀行は、『楽天銀行』や『ジャパンネット銀行』、『住信SBIネット銀行』です。

これらの銀行はいずれもコンビニ経由の引き出しが24時間無料であり、銀行の格付けランキングでも都市銀行とほぼ同じ水準です

少なくとも、横浜・千葉銀行といった大規模な地方銀行以外に口座を持っている方は大手ネット銀行の開設を強くおススメします!

複数の銀行口座を持つメリットとして、

① 貯蓄用口座

② 生活用口座(各種引き落とし口座)

③ 証券口座との連携用

口座を目的別に分類することが出来る点だね!

大学生の場合は仕送りとアルバイト代を分けるためにも複数口座の開設をおススメしています。

無料の資料請求を行う

クレカやネット銀行の開設を行うことで、5000円近くのポイントを付与することが出来たかと思います。

しかし、クレジットカードや銀行の開設は通常一回限りであり、継続してポイント収入を得ることが出来ません。

そこで、毎月継続して各種無料請求を行う方法についても紹介したいと思います。

【検索】から【各種資料請求】の欄へ進むと、上記のような広告が一覧として出てきます。

大学生の場合、『注文住宅の資料請求』や『マンション経営』に関する請求は年収・年齢的な要素で申込できませんが、『資格の資料請求』等は請求可能です。

案件一つ当たり約100~200円程度と少額ですが、気が向いたときにポチポチと請求するだけで一か月あたり1000~2000円程度の収入に繋がります。

私の場合、暇な時間筆頭である大学の授業中にこのような作業をしていました。

暇である程度時間のある学生は挑戦してみてもよいでしょう。

注意点としては、資料請求時のメールアドレスはモッピー用に新規作成しておくこと!

普段使いのメールアドレスに登録すると一日に大量の案内メールが送られるため、重要度の高い連絡を見落としてしまいます。

まとめ

今回の記事では、お小遣いサイトを活用して月5000円を得る方法について解説しました。

大学生が在学中に絶対に作成しておくべき

  • クレジットカード
  • ネット銀行

をお小遣いサイト経由で申し込むだけでお金が発生するなんていい世の中になったものですね。

また、今回は紹介しきれませんでしたがモッピーにはアンケートやショッピング、旅行、アプリのインストールなど様々な方法でポイントを稼ぐ方法が存在します

これらの機能を活用してよりたくさんのポイントを集めることが可能です。

『インターネット上でお金を手に入れることが出来る経験』をすることで、自分のお金に関する価値観が少しでも変わることを期待しています。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

コメント

  1. […] […]