学会発表

研究室

研究室の落ちこぼれだった私が何とか大学院の修士課程を卒業出来た思い出を語りたい

理系大学院生は自身の卒業をかけて修士論文という大敵と戦います。修士論文の提出や修論審査が行われる時期には「修士論文のレベルが低すぎて卒業できるか不安」「修士論文の内容がめちゃくちゃすぎて現実と向き合うことがつらい」といった内容